四十肩とは

四十肩とは

四十肩とはどのような病気か知っているでしょうか。

四十肩というのは正式名称ではなく、厳密には肩関節周囲炎といいます。

40代から50代の人に頻発する病気であり、肩関節の周囲に炎症が起こり、腕を上げたり後ろに回したりすると強い痛みが出るのが特徴です。

通常では時間経過とともに症状は治まりますが、場合によっては何度も再発して痛みが強くなる場合もあります。

早めに医師にかかるのがいい方法であり、再発予防にはインナーマッスルの強化が効果的です。

関連記事

  1. 産後に骨盤矯正をする理由

  2. 自律神経と美容の関係

  3. O脚の原因について

  4. ぎっくり腰の原因

  5. 中高生に多いスポーツ障害とは?

  6. 肩こり解消ストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。