中高生に多いスポーツ障害とは?

中高生に多いスポーツ障害とは?

スポーツは爽快感を覚えることができて非常に楽しいものですが、身体をアクティブに動かすため怪我に見舞われる可能性も高いです。

そういったスポーツがきっかけとなり生じる怪我は一つだけではなく、瞬発力が起因になることと負荷が小さいものの慢性的に負担がかかり続けることで痛みなどに繋がるスポーツ障害に分けられます。

一見、瞬発的な行動が要因となって発生するトラブルの方が深刻に感じられるものの、実際はスポーツ障害の方が重症化しやすく、場合によっては関節の形が変わってしまったり骨が分離した状態が常になってしまうことがあります。

こうしたスポーツ障害になると、競技はおろか日常生活すらままならない様子になってしまうことから、スポーツ障害とは?という事に目を背けずに知っていくことが求められます

このような、スポーツ障害はよほどのことが無い限り成人には起こりにくい特徴があり、基本的には中高生がメインの患者となります。

つまり、成長期の子供が対象者ということになり、成長期の学生はまだ構造が弱いため圧迫された状態が続いてしまうと変形が起こったり傷になるため、スポーツ障害に繋がっていくのです。

特に、野球のピッチャーはスポーツ障害に悩まされやすいので、十分に休息を取ることが大切になります

スポーツ障害整体

関連記事

  1. 頭痛について

  2. 姿勢が悪いと新陳代謝にまで影響が・・・

  3. 自律神経と美容の関係

  4. 気になる二の腕を効率的にダイエット

  5. 肩こり解消ストレッチ

  6. ぎっくり腰の原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。